ほくろ切除と足の裏のほくろについて

ほくろのできる原因、生まれつきのものは別として紫外線などの影響でできるものなどがあります。足の裏のほくろは紫外線の影響を受けないのに何故できるのか?自分でも気がつかないうちにできていることもあります。子供のときになかったほくろが、大人になって気がついたらできていたということもあります。顔のほくろは気になるものです。最近は切除する方も増えていますね。当サイトでは、ほくろの切除や足の裏のほくろについて役立つ情報を紹介しています。


スポンサードリンク

ほくろのできる場所や大きさ

ほくろができる場所は決まっているわけではありません。
足の裏のほくろから頭の皮膚まで、様々な場所に大きさもいろいろです。
ほくろにも違いがあり、皮膚の表面から中にかけてできているものと皮膚の外にできているものがあります。
目立つほくろは、盛り上がった形のものです。
生まれつきの大きなほくろもあります。
いろいろな大きさや形や色があり、いぼのようなほくろ、剛毛が生えているほくろ、一色のものや薄い部分と濃い部分にわかれているほくろなどいろいろです。
メラニン組織が皮膚の表面に集まってできるほくろ。
浅い部分にできるものと、深い部分にできるほくろがあります。
足の裏のほくろは、浅い部分にできるものが殆どです。
ただし、ほくろの部分が大きくなってきているなら気をつけましょう。
ほくろには良性のものと悪性のもがあるといわれています。
足の裏のほくろはあまりよくないと言われますが、一概には言えないと思うので心配な人は皮膚科で診察してもらうことです。
急に大きくなったり、盛り上がっているとか周囲の皮膚との境目がはっきりしないような場合は特に気をつけましょう。

ほくろは何故できるのか?

ほくろのできる原因は、生まれつきのものは別として、小児期から思春期にかけて少しずつ増えていきます。
自分で気がつかないことがよくあります。
いつも見慣れている顔、いつの間にか小さなほくろが出来ていることもありますよ。
まして、自分では見えないところ、背中などもそうです。
また、足の裏のほくろに気づいたことがありませんか?
何故、足の裏にほくろが?
これは、足の裏というのは皮膚に刺激を与えている場所だからだと思います。
毎日、靴を履いて歩いたりしていると、皮膚が圧迫され細胞が傷つけられてメラニン形成細胞に影響を与えほくろが出来ると考えられています。
ほくろができる原因として、紫外線が考えられますが、足の裏のほくろは違いますよね。
紫外線がメラニン色素を増やし日焼けやほくろができる原因になっています。
女性は特に顔のほくろが気になると思います。
最近はほくろを切除する方も増えているようです。
ほくろができやすい場所は、腕や肩など露出していて紫外線を浴びやすいところです。
夏は紫外線対策をして、日焼けやほくろにも注意しましょう。

ほくろとは?

ほくろは、黒いアザという母斑として捉えられ、医学的には色素性母斑といいます。
頭の皮膚から足の裏まで、体中のどこでもできるものです。
ほくろの大きさは、点ぐらいのものを指し、黒アザはもう少し大きなものを指します。
また、ほくろには平らなものから少しぷっくりしたもの、大きく隆起したものなど様々です。
足の裏のほくろは、小さいものが多く、次第に皮膚の表面にでてくる感じです。
黒アザは生まれつきあるので違いはわかると思います。
点のような小さなほくろはそれほど気にすることはありませんが、黒アザが広範囲に出来たり、剛毛が生えている場合は皮膚科を受診してお医者さんに診てもらったほうがいいでしょう。
生まれつきの黒アザなどが、顔など外見から見えるようなところにあり、気になる方は切除したりしています。
足の裏のほくろは、濃い色のものが多く黒から茶褐色のものが殆どです。
子供のころからあるほくろでも、年をとるにつれて色が薄くなっていくことが多いようです。
足の裏のほくろで、だんだんと色が濃くなったりしている場合には悪性のものかもしれないという心配がありますので、皮膚科で診察してもらったほうがいいでしょう。
オール電化光熱費